第13回世界で最も美しい湾クラブ世界大会inフランス モン・サン=ミシェル湾編 その2/The 13th World Congress of the Most Beautiful Bays in th

April 21, 2018 さて、ほんとにモンサンミシェルへ。 

クエノン川から眺める。遠くから見ても、堂々としたたたずまいです。

この川の流れをうまく活用して、モンサンミシェル湾に流れ着く土砂を押し流しています。

これまでモンサンミシェルへの往来に使ってきた修道院まで続く道路の代わりに橋をかけ、河川改修して。 フランス政府と関係自治体が莫大な費用(300億円)を投じて海に浮かぶモンサンミシェルを取り戻しました。

Heading to Mont Saint-Michel

モンサンミシェルの手前の、レストランやホテル、ギフトショップが並ぶ町、ラ・カゼルヌ。なぜか、牛がいっぱい。

La Caserne, Pontrson, cows town...?

車で入れるのはここまで。大通りから少し外れたところに、大きなモンサンミシェルの駐車場があるので、車はそちらに停めます。ここからは、無料のシャトルバスか馬車(有料)で向かいます。

You can't go directly to the Mont Saint-Michel by your car, so you'll park it at huge car pool in a town of La Caserne, and take a free shattle bus or a coach.

シャトルバスも、モンサンミシェルの数百メートル手前まで。ここからは、少し歩きます。

あと少し。わくわく。

You'll get of the bus and walk to the Mont Saint-Michel.

モンサンミシェル島の下層部には、たくさんの土産物店やレストラン、ホテルが立ち並んでいます。遠くはるばる修道院を目指し旅をしてきた巡礼者を温かく迎える場所だったのだそう。モンサンミシェルといえば!!というほど有名な『プラールおばさんのオムレツ』も、手軽に栄養のつくものを、ともてなしたのがはじまり。

There are many souvenir shops, restaurants and hotels on the bottom of the island.

これは島内のラ・メール・プラールのではなく、手前の町にあるプレ・サレというレストランのオムレツ。この辺りで有名なふわっっとろっっとしたオムレツは、だいたい薄味です。クリームなど味のあるものが添えてあったり、塩が置いてあったり。ここまで来た記念に、ぜひ食べてみてください(^@^)

ところでこのレストランの店名のとおり、ここはモンサンミシェル湾周辺の塩気を含んだ草を食べて育った羊(プレ・サレ)が看板メニューになっているようです。少し硬かったかな。笑

Famous omelet. This is not one from "La Mere Poulard" but "Le Pre Sale".

This super fluffy and melting omelet is not so flavorful, so you might need something to top with.

前ページに戻る

HOMEに戻る

#France #worldbays #世界で最も美しい湾クラブ #WorldCongress #MontSaintMichel

特集記事
最新記事