第13回世界で最も美しい湾クラブ世界大会inフランス モルビアン湾編その1 / The 13th World Congress of the Most Beautiful Bays in the World in Vannes, France #1 Gulf of Morbihan

June 4, 2018

去る4月17日から21日、フランスブルターニュ地方にある港町、ヴァンヌ市他にて開催された『世界で最も美しい湾クラブ』の第13回世界大会に参加してきました。

We attended the13th World Congress of the Most Beautiful Bays in the World.  It spectaclarly held in Vannes, France as the celebration for 20 years of the club.

 

 

パリからTGVというフランスの高速鉄道で、西へ約3時間。モルビアン県の県庁所在地でもあるヴァンヌ市は、人口13万人の、歴史とおいしい食べ物と、可愛らしい街並みのとても居心地の良い町でした。

3 hours ride of TGV brought us to Vannes from Paris. Vannes is the capital of Morbihan with 130,000 people, deep history, delicious food, and beautiful scenery of their townhouses. 

 

 

 

(↑今回、街の写真を撮る余裕がなかったので、前回2014年に訪問した際の写真です。。。) Above three photos were taken in 2014, as I haven't have enough time to hang around the city.    what a shame...

 

 

クラブに所属する湾の名前は、モルビアン湾。現地の言葉(ブルトン語)で、「小さな海」という意味だそう。何人もの著名人が、海沿いに別荘を構えるリゾート地としても有名です。  The meaning of the name of "Morbihan Bay" comes from a "small sea" in their local language, Breton.  Celebrities have their resort cottage along the bay.  

 

モルビアン湾では、牡蠣の養殖が盛んで、現地ではレモンを添えての生食が主流でした。日本のように、牡蠣フライにしたりしないんですね。

The Oyster cultivation flourishes in Morbihan bay. In Japan, there are many way to cook oysters like grilled, deep fried, stewed in a big pot with vegetables and so on, but we couldn't find other way to eat but raw oysters sided with cut lemon in France.  

 

 

 

 

まずは、ヴァンヌ市役所にてウエルカムセレモニー。

とても歴史のある庁舎に圧倒されながら、世界で最も美しい湾クラブ会長をはじめ、ヴァンヌ市長、クラブ創立メンバーなどなどのごあいさつ。

Welcome ceremony at the City Hall of Vannes.  It was so gorgeous building.

Welcome speech by the President of the Club, Mayor of the city, and the Founder member.

 

シャンデリアの重厚感、すごい。 

 

 

 

モルビアン湾からクルージングで外洋へ出る途中に、キブロンという岬があります。この付近の湾も、クラブに名を連ねる湾のひとつ。こちらの湾を見ながら、トリニテ・シュル・メールに上陸。沢山のヨットが係留してある様子は、圧巻でした。海と共にある生活を、思い切り楽しんでいるようでした。みんなが若大将!?

There was a cape Quiberon you can see during the cruising going out from Morbihan Bay to the Atlantic Ocean.   Quiberon Bay is also registered as a member of the Most Beautiful Bays in the World Club.   Enjoying the beautiful sight of the Quiberon, we arrived to the Trinite-sur-Mer.    Hundreds of yacht, 

that's simply overwhelming.  It seemed that they're absolutely enjoying their life with the bay.

 

 

 

 

トルニテ・シュル・メールの港からバスで15分ほど走り、観光地として有名な『カルナックの巨石』を見学。ブルターニュ地方には、数多くの列石遺跡が存在するらしく、数千もの大きな石が数メートル間隔で整然と並んでおり、新石器時代から存在するそれらの意味するところは未だ謎が多いのだとか。ロマンですね~。

After 15 minutes transferring, we visited famous "Carnac" to discover Britain's major megalithic site - candidate to UNESCO World Heritage. 

 

野原に無数の大きな石が並ぶ景色を実際に目にして、大昔に、この地でどんなことが行われていたのか、とても不思議な感覚でした。

Thousands of stones on the field. So wired.  I can't stop thinking about thousands years ago.  What has happened and what for??  So mysterious.

 

 

その後は、アラドンという村へ移動し、フォークミュージックを聴きながらオイスターパーティーで、ヴァンヌ初日の夜は更けていきました。

After transferring to Aradon, we had an oyster party, that was so nice with awesome folk musics and had a blast, and that was the first day in Vannes.

 

モルビアン湾編その2へ続く

 Continue to #2 Gulf of Morbihan

 

前ページに戻る

 

HOMEに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

冬の宮津満腹祭/ Gourmet Festival MAMPUKU-SAI -Oyster! Oyster!!-

February 26, 2019

1/3
Please reload

最新記事